UNIQLOCK


プロフィール

kit

Author:kit
金沢 より.
相変わらず 空を見上げてます。
自転車、趣味、美味しいもの、大切な友人たち、日々のことども などを綴ってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三代徳田八十吉展@小松

「耀彩は全く異質の新しいものではなく、古九谷をもとに生まれてきた表現のひとつ」と三代徳田八十吉。祖父の初代徳田八十吉が残した古九谷風の色彩や表現技術を受継ぎ、そこから生まれたのが「耀彩」だという。
「九谷焼の歴史は色絵の変遷の歴史といえるほど、その様式はさまざま。古九谷では花鳥風月が描かれた。九谷庄三は日本画を描いた。自分には何ができるだろうかと考えた時、西洋美術(抽象芸術・アブストラクト※)が浮かんだ。技法は古九谷そのもの。そこに私の色絵表現を加えたものが耀彩です」
古九谷を再現した初代、現代的作風に傾倒した二代と、それぞれ個性的な表現があったように、三代が絵付けで追求した抽象的な世界は西洋美術からの影響が大きかった。


小松で29日まで開催されている、三代 徳田八十吉展へ
実は…、あんまり土地勘がない小松の街中…案の定、グルグルと迷走しつつ、まずは第一、第二会場の小松市立博物館と小松市立本陣記念美術館へ。

特に「緑遊」の緑/翠に目を奪われる。

iphone_20120123143314.jpg

iphone_20120123143326.jpg
小松市立錦窯展示館

庭園が美しい…

小松の街を歩き回るのも楽しそうだな…
帰りに寄った、松葉屋さん横のギャラリーに四代の作品があった。
静謐な青紫も素敵ですね。


なお、同日、時間差でカッキーも小松に行ってたらしい。
カーナビのおかげで迷走しなくてすんだ、とのこと…orz
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://epiplectic.blog5.fc2.com/tb.php/1055-77a0b5c8

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。