UNIQLOCK


プロフィール

kit

Author:kit
金沢 より.
相変わらず 空を見上げてます。
自転車、趣味、美味しいもの、大切な友人たち、日々のことども などを綴ってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


カテゴリ


月別アーカイブ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カレー→研究会→粉

金沢カレー
金沢カレー(かなざわカレー)とは、主に金沢市を中心とする石川県のカレーライス店で供される独自の特徴を持ったカレーライスを言う。
代表する店の多くは既に30年以上の歴史があるが、そのカレーに「金沢カレー」の名称が使われるようになったのは非常に新しい。各店とも地元での営業が中心で、金沢カレーのような一般的な名称は使われていなかったが、形としては地元では古くから定着している。
現在の代表店よりもさらに古くから営業し、黒いルーの味、ステンレス皿やキャベツを使う盛り付け、先割れスプーンまたはフォークを使う「インデアン」を源流に、北陸でのカツカレー提供という視点で「カレーのチャンピオン」の創業者が経営した「洋食屋タナカ」元祖とする見方もあるが、盛り付け方などから「キッチン・ユキ」を元祖とするといった諸説が存在する。
<特徴>
ルーは濃厚でドロッとしている(カラメル等を加えている)。
付け合わせとしてキャベツの千切りが載っている。
ステンレスの皿に盛られている。
フォークまたは先割れスプーンで食べる。
ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっている。
ルーを全体にかけて白いライスが見えないように盛り付ける。
なお、すべての店舗が上記の特徴を満たしているわけではない。

実家近くというか…
CULLさん宅/johnさん宅近くにできた、お店でカレーランチ。
IMG_10091101.jpg
すごくオシャレな内装にびっくり。
IMG_10091102.jpg
カレー単体、小は450円也。中で550円。
チキンカツカレーをいただく。これは750円。
IMG_10091103.jpg

こういうカレーはありそうでなかったわけなので、頑張ってほしいなぁ。


16時からは研究会。
同期の出世頭の一人でもある、M先生の講演。
ワタシは座長。勉強になりました。

帰宅後、粉へ。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://epiplectic.blog5.fc2.com/tb.php/600-4ee45da1

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。